土・日・祝日も診療日となりました(年末年始を除く)

9月1日より常勤医師が入職します。

9月1日より救急を含め、総合診療から精神科までに幅広い経験と実績を持つ60歳男性ドクターが入職いたします。

これにより当診療所は、 心の病は根本治癒、その根本の解決に向け四人の医師が連携し、また必要に応じて専門職を交えた上、心と闘います。

精神的疾患は脳の疾患と勘違いされてる方が多いと思われます。

心の疾患の場合もあるのです。そこを見極めるのは患者でありまた、医師の助言でもあると考えます。

24時間365日、地域医療の第一歩を踏み出すと共に
「内科、外科 、 整形外科 、女性 婦人科 、心療内科、精神科 、 総合診療科 」
が併設されます 。

新しいドクター 経歴については 、久留米大医学部を卒業後、医局にて勤務をしながら福岡大学医学部大学院にて薬理学を専攻し、医学博士の博士号を取得。
その後、徳洲会病院10年勤務。

医院長まで務めた経験を生かして地域在宅医療、それに関わる若い医師の育成のため、この地域に骨を埋める覚悟で来ていただくことになりました。

9月1日からは常勤3名、非常勤1名の四人体制で患者様に対応させていただきます 。

小さな診療所に四人もドクターが ?
その答えは年末に

ドクター曰く、「医師である前に人であれ。さらば全てが平等であれ。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です